ユーザーサポート

対応する自転車(ハンドルバー)

faq

『WingLights 自転車ウィンカー』は、以下の4つの画像で示したとおり、フラットバー・ブルホーンバー・プルバックバーなど、ほとんどの自転車(ハンドルバー)に適合します。ただし、2016年6月現在、ドロップハンドルには適合しません。

★適合するハンドルバーの内径はΦ17~19mmです。それ以上でも以下でも装着できません。予めハンドルバー内径をご確認のうえ、お買い求めください★

ハンドルバーへの装着方法

ハンドルバーエンドにキャップが装着されている場合

ハンドルバーエンドまでゴムで覆われている場合

よくある質問

質問1.『WingLights 自転車ウィンカー』とは、どのような商品ですか?
答え1.『WingLights 自転車ウィンカー』は、その名のとおり、自転車用のウィンカー(方向指示器)です。ハンドルバーが中空であることを生かして、ドロップハンドル以外のほとんどのタイプのハンドルバーに簡単に装着できます。
『WingLights 自転車ウィンカー』は、操作が簡単であるだけでなく、軽量、防水、耐衝撃性に優れ、バッテリー寿命が長いことも特徴です。ウィンカーの装着も簡単です。あらゆるタイプのサイクリストの安全性を高める、優れた自転車用品です。

質問2.『WingLights 自転車ウィンカー』は、何のために作られたのですか?
答え2.『WingLights 自転車ウィンカー』は、自動車・オートバイのウィンカーと同じ役割を果たす用品として企画されました。道路を共有する他の通行者に対して、自転車が方向転換するという意思を強く伝えるための装備です。

質問3.『WingLights 自転車ウィンカー』の操作方法は?
答え3.『WingLights 自転車ウィンカー』の操作は極めて簡単! ハンドルバーエンドに位置するウィンカーボディのボタンを手で押すだけ。それでオン(点滅)・オフ(消灯)が可能です。オンにしたままだと、約40秒間点滅して、自動的に消灯します。

質問4.『WingLights 自転車ウィンカー』のハンドルバーへの搭載方法は?
答え4.『WingLights 自転車ウィンカー』には、ウィンカーボディの着脱が可能な『Mag』と、マウントとウィンカーボディが一体となった『Fix』の2タイプがありますが、装着方法は同じです。
ハンドルバーエンドのグリップラバーをカッターナイフ等で切除して、そこにマウントをネジ込むだけです。詳細は『WingLights 自転車ウィンカー』のハンドルバーへの搭載方法を説明する動画にてご確認ください。

質問5.『WingLights 自転車ウィンカー』を自分でハンドルバーに搭載できますか?
答え5. はい! 『WingLights 自転車ウィンカー』の搭載は誰にでも簡単にできます。左右のウィンカーの搭載は合わせて10分程で完了します。詳細は『WingLights 自転車ウィンカー』のハンドルバーへの搭載方法を説明する動画にてご確認ください。

質問6. 『WingLights 自転車ウィンカー』は、あらゆるタイプの自転車に装着できますか?
答え6. 2016年3月現在のラインナップ(『Mag』と『Fix』の2タイプ)は、フラットバーと、軽度のプルバックバーに対応しています。ドロップハンドル・ブルホーン・30°以上の曲線のプルバックタイプのハンドルバーには対応していません。
また、ハンドルバーの内径が16.9mm – 19mm のハンドルバーに対応しており、それより内径が大きい、または小さいハンドルバーには搭載できません。
現在、それら未対応のハンドルバーに装着できるマウントを開発中です。

質問7.『WingLights 自転車ウィンカー』はグリップシフトの自転車でも使えますか?
答え7. はい! 『WingLights 自転車ウィンカー』はハンドルバーエンドが中空になっていて、上記質問のような形状・内径のハンドルバーであれば、搭載可能です。

質問8.『WingLights 自転車ウィンカー』を搭載していても、ハンドシグナルは使うべきですか?
答え8. 本製品『WingLights 自転車ウィンカー』は方向指示器ではありますが、手信号(ハンドシグナル)と併用してください。
日本の道路交通法では以下のように定められています。

第53条 車両(自転車以外の軽車両を除く。第3項において同じ。)の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない。
2 前項の合図を行なう時期及び合図の方法について必要な事項は、政令で定める。

第21条 法第53条第1項に規定する合図を行なう時期及び合図の方法は、次の表に掲げるとおりとする。

■左折するとき。:その行為をしようとする地点(交差点においてその行為をする場合にあつては、当該交差点の手前の側端)から30メートル手前の地点に達したとき。
■同一方向に進行しながら進路を左方に変えるとき。:その行為をしようとする時の三秒前のとき。
■右折し、又は転回するとき。:その行為をしようとする地点(交差点において右折する場合にあつては、当該交差点の手前の側端)から30メートル手前の地点に達したとき。
■同一方向に進行しながら進路を右方に変えるとき。:その行為をしようとする時の3秒前のとき。
■徐行し、又は停止するとき。:その行為をしようとするとき。

質問9. 『WingLights 自転車ウィンカー』は、日本の道路交通法が言及する方向指示器に該当しますか?
答9.2016年3月、警察庁に問い合わせましたが、回答はいただけませんでした。